ITの転職年齢は30代を境に考えるのが一般的

IT業界での転職は30代を基準に検討するのが一般的となっています。30歳辺りになるとITに関する知識や経験もある程度手に入れていますし、それに伴ってスキルや資格なども増えていることが多いため、現在働いている職場よりもより条件の良い所に転職しやすい傾向にあります。

 

IT業界は新しい技術がどんどん登場する業界なので知識や技術を吸収する力が求められます。ある程度年齢を重ねてくると世間的なイメージでは柔軟性が損なわれると思われてしまうため転職しづらくなるのも事実です。ですので30代後半以降のIT業界での転職は状況として厳しいと言わざるを得ません。

 

しかし、年齢によって求められるスキルや実績が異なり、それに沿うことができていればスムーズな転職を実現することができます。例えば、30代後半から40代の人にはプロジェクトマネージャーなど管理側のスキルを持っているとどこの職場からも歓迎される傾向にあります。一方、30代後半以降もプログラマとしてのスキルしか持ち合わせていないと思うよな転職は難しいでしょう。

 

30代以降でIT業界での転職を考えている場合、自分1人だけの転職活動を行うよりは転職エージェントを利用したほうが良い結果を得られやすいです。自分の希望する条件をエージェントに伝えておけばそれに沿う職場を紹介してくれるので転職しやすいというのが大きなメリット。また同時に今後のキャリアプランの形成などもアドバイスしてくれるため長期的にみてメリットが非常に大きいです。