実務が問われるIT転職市場でも資格取得は高く評価される傾向にあり

IT業界と言えば例え資格を持っていなくても様々な実務をこなしてきた人の方が重宝される傾向にあります。そのため「資格を取る暇があったらいろいろなプロジェクトに関わり様々な経験を積み重ねたほうが良い」というのが通説になっています。
しかし、転職を考える場合資格を持っているのと持っていないのとでは明らかに前者の方が有利になります。もちろん、資格を持っているからといって次々に転職先を選ぶことができるというわけではありません。

 

ITでの転職活動はまずは書類選考をクリアする必要があります。書類選考で何を見るのかと言えばこれまでにこなしてきた実務が最優先で確認されます。次に見るのが持っている「資格」です。つまり、同じような実務経験を持つ人が2人いた場合、有利な資格を持っている方を選ぶということになります。
特に20代から30代前半までの若い世代の場合はこの傾向が顕著になります。逆に30代後半以降はどれだけ優れた資格を持っていても実務が伴っていないと思うような転職につなげることができないケースも増えてきます。

 

どんな資格が強い?

ITの転職を行う場合にどのような資格を持っていると良いでしょうか。大きく分けると国家資格、ベンダー資格の2種類がありますが最近はベンダー資格の方が重視されているようです。ベンダー資格にもいろいろなグレードがありますがもちろんより高いものの方が評価を得やすいです。
ベンダー資格もかなり細分化されているので自分が得意とする分野や、実務では経験できなかった分野の資格を補うのも有効です。またプロジェクトマネージャーなどの資格を持っていると引く手数多で転職しやすくなるので先々のことを考えて資格取得に動いてみましょう。